タバコ代節約や喫煙に使える電子タバコを使おう!電子タバコはメリットが沢山


増税で普通のタバコに手が届きにくくなったら

タバコは増税のやり玉に上げられがちな品物で、現在の紙巻タバコは1箱500円を超えて来るものも多くなっています。飲食店で食事が出来る位高くなっているので、お小遣い制のサラリーマンにとっては気軽に吸えない場合もあるでしょう。そこで、タバコ代を少しでも安くしたい方に良いのが電子タバコです。電子タバコは通常のタバコとは違い、商品によっては今までかかっていたタバコ代より少なく出来ます。最初に電子タバコ本体を購入する初期投資として数千円必要になってしまいますが、その後はリキッドやカートリッジを交換して何度も利用できますので非常に経済的です。タバコ代を少なくしたい方は、電子タバコを使って節約に挑戦してみましょう。

ニコチンが含まれない電子タバコを使って禁煙

電子タバコは節約の他に禁煙の為に使えます。通常の紙巻タバコはシャグと呼ばれるタバコの葉っぱを使用しますが、電子タバコはシャグを使わずリキッドを加熱して水蒸気にしそれを吸います。ですので、タバコとは別物のタバコになっているのです。例えば、普通のタバコはシャグを燃やすので煙も沢山出ますし、それが服についたりヤニが歯についたりしますが、電子タバコはリキッドの水蒸気なのでタバコのような嫌な臭いも少ないですしシャグを燃やさないのでヤニも基本的に発生しません。普通のタバコの臭いやタールによるヤニ汚れが気になる方にも電子タバコはオススメです。また、電子タバコは色々なフレーバーがあるので、タバコのように味を変える楽しみもあり、タバコ代わりになります。

juulとは今話題の電子タバコです。電子タバコとはリキッドと呼ばれる液体をコイルで加熱して気化させ、その蒸気の風味を楽しむもののことを指します。