【メリット多すぎ】電子タバコのススメ【吸いたくなる】


何が違う?電子タバコと紙タバコ

電子タバコと紙タバコの、1番の大きな違いはタバコに含まれる有害物質をカットできることです。紙タバコは熱が最高で700℃に達するといわれ、火をつけて燃やすことでタールを発生させています。このタールというものは大部分が有害物質で構成されているのです。それに対して電子タバコは火を使わずに、加熱して水蒸気を発生させるメカニズムになっているので、有害物質はほとんどカットされています。体にかかる悪影響を考えると、電子タバコは強くお勧めできます。燃やさずに加熱することでタバコ特有の匂いがしないですし、何より服に匂いがつくことはほとんどありません。

フレーバーの選び方と購入方法は?

電子タバコにはフレーバーに様々な種類があり、好きなものを選ぶことができます。系統としてはタバコ、メンソール、フルーツ、スイーツの4つに分けられます。タバコのような味わいが好きならタバコ又はメンソールのフレーバー、甘めの味わいが好きならフルーツ、スイーツといったように、自分の好みに合わせてタバコを楽しむことができます。フレーバーはコンビニや家電量販店、雑貨屋さんにて購入が可能です。色々試してお気に入りのフレーバーを見つけましょう。

【まとめ】ルールを守って楽しい喫煙ライフを!

電子タバコはタールが少ないし、喫煙所がなくても吸えるのでは?と思ってしまう方もいるかと思います。確かに電子タバコは有害物質が少なく、タバコ特有の匂いも抑えることができます。しかし、タバコには変わりなく、どこでも楽しめるというわけではないので注意が必要です。最近喫煙者に風当たりが強くなってきましたが、ルールの範疇でタバコを楽しみましょう。

ニコチンリキッドは法律で規制されているニコチンが多く含まれているので、個人が所持できる量に限りがあります。個人輸入での購入は濃度を問わず、一か月に120ミリリットルが上限です。