電子タバコってなんなの?普通の煙草との違いは


液体を加熱して蒸発したものを吸う

通常煙草は先端に火をつけて、フィルターを通してその煙を吸うものになります。煙が出ることとその匂いが強いことから、非喫煙者にとっては敬遠したいものです。そのため条例などで吸える場所などが限られていたりしますが、それでもそこから漏れてくる煙があるため匂いが気になることが多いです。一方で電子タバコは火をつけるのではなく、カートリッジを加熱することでそこに入っている液体を蒸発させそれを吸うものになります。電子タバコは紙巻き煙草に比べて匂いが抑えられており、匂いが服や髪などに比較的付きにくくなっています。匂いが少ないので苦手な人の前でも吸いやすいですが、煙草が苦手な人は臭いに敏感なので避けるのがマナーです。

リキッドはPGとVGそして香料からできています

リキッドの中身はPGすなわちプロピレングリコール、VGすなわち植物性グリセリンが主な材料になっています。PGは香料の溶剤として主に使われ、VGは加熱したときの蒸気量がPGに比べて多いので煙を楽しみたい時に確認しておきたいものです。リキッドはこのPGとVGの比率によって、香料を目的にするのか蒸気を目的にするのか選ぶ必要があります。種類ですが電子タバコとうたっているので当然通常の煙草の味を再現しているものもあれば、フルーツやデザートなどの味を再現しているものもあります。リキッドの香料を楽しみたい場合は、好きな味を再現しているものを選びましょう。リキッド同士を混ぜることもできるので、自分の好きなものを試してみるのも選択肢の一つです。

電子タバコ用のニコチンリキッドは国内では販売されていないため、海外から個人輸入するのが一般的な入手方法となっています。