良い事だけじゃない?電子タバコのメリットとデメリット


電子タバコ使用のメリット

電子タバコには、煙が無害であるというメリットがあります。今までの紙巻たばこでは燃焼させることによるタールや、タバコに含まれるニコチンを吸引する事によってニコチン中毒になってしまうなどの健康面でのリスクがありました。しかし電子タバコでは燃焼させず液体を蒸発させるだけなのでタールは発生しませんし、ニコチンも基本的に含まれていないので体に有害な成分はありません。電子タバコと言えど喫煙は喫煙所でなければいけませんが、副流煙などで他の人に悪影響を与える心配が無い事は、喫煙をする際の心配事を一つ減らしてくれます。誰かと会話をしながら吸う際に気兼ねしなくてよくなるのは大きなメリットと言えるでしょう。

電子タバコ使用のデメリット

電子タバコは体に悪影響がなく吸いやすいのですが、基本的に使い捨てのアイテムではないためメンテナンスをする必要がある点はやや面倒です。唾液の付いた吸口を綺麗にするのは当然ながら、リキッドを充填するボトル部分の洗浄も欠かせません。電子タバコは始めるために道具を一式買い揃えるため初期費用が高めに掛かってしまう問題もあります。一度買い揃えてしまえばランニングコストは紙巻たばこよりもだいぶ安上がりですが、始めるまでの敷居が高いことは否めないでしょう。またどうしてもニコチンが吸いたい場合は、ニコチン入りリキッドと言う物も存在していますが、薬事法に抵触するため日本国内で購入することはできません。ニコチン入りリキッドが欲しい場合は通販サイトなどで個人輸入という形で購入する必要がありやや手間が掛かってしまいます。

水蒸気を吸い込むためのpod型vapeは、カートリッジが使い捨てなのが特徴です。そのカートリッジは簡単に交換できるので、他の型と比べて扱いやすいです。